Apple Pay(Apple Watch2)を日本で使ってみたので

やっとこの日がやってきました。
Apple Apyの日本でのサービスが始まって初めての帰国です。

一番最初によった店は、山陽自動車道のSA。残念ながらここはEdyかWaonしか使えません。
仕方なく、AndroidのおサイフケータイをつかってEdyで支払いました。
山陽自動車道を降りて最初のコンビニ。セブンイレブンで色々と買い込んで、約1万超えの決済。
オリコの10%ポイントバックキャンペーンを思い出し、Apple Watch 2のサイドボタンをダブルクリックしてオリコ(EDIONカード)のQuickPayを選択。

これがApple Watch 2での初決済になります。無事決済できるかドキドキしましたが、問題無く決済出来ました。おサイフケータイには慣れていますがApple Watch 2での決済はなんだか新鮮ですね。これで1万円以上使うというキャンペン条件は満たしました。

applepay-07

その翌日、JRでSuicaにチャレンジ。しかし広島は不便です。バスや市内電車、アストラムラインはPASPYというローカル電子マネーです。バスや市内電車、アストラムラインでJR西日本のICOCAは使えますがSuicaは使えません。旅行者の方が市内電車でSuicaやPasmoをリーダーに通して弾かれている光景をよく見ます。利権なのか手数料が高いのかわかりませんが早く相互に使えるようにしてもらいたいものです。最近はこのPASPYを見るたびにイラッとします…

自動改札をApple Watch 2で通ってっみた感想としては、やはり左手に装着したApple Watch 2を右側にあるリーダーにタッチするのはチョット窮屈な体勢になりますね。
オマケに改札同士を仕切る板が結構邪魔です。帰りは、右手に装着してみましたがこちらのほうがスムーズですね。applepay-06

その他私が使ったみたお店と感想は次の通り
私の設定はエクスプレスもメインも両方Suicaにしてあります。

セブンイレブン(Suica)
そのままリーダーにかざして決済完了。

セブンイレブン(QuickPay)
サイドボタンをダブルクリックした後、カードを選択して決済完了。

すき家(Suica)
そのままリーダーにかざして決済完了。

Want’s(QuickPay)
サイドボタンをダブルクリックした後、カードを選択して決済完了。
ツルハグループの薬局。日にち指定でQuickPay3%キャッシュバック中

CoCo壱番屋(iD)
サイドボタンをダブルクリックした後、カードを選択してかざしても
AppleWatch側は「完了」、レジ側は「エラー」2回繰り返してもダメ
仕方なくAndroidのおサイフケータイのiDで決済。
重複決済等はありませんでした。

EDION本店(iD)
以前はEdyのみでしたが使えるようになっていたのですね。
サイドボタンをダブルクリックした後、カードを選択して決済完了。
店員さんに、「時計で決済ってカッコイイですね。初めてみました。皆さんは携帯なので。」と言われて少しテンションあがりました!

日本滞在中に試せたのはこの位です。
CoCo壱番屋でなぜ使用できなかったのかが気になります。iDに登録しているのはdocomoのdカードでソフトバンクのプリペイドのiDではありませんよ。
やはり、まだまだ電子決済を全てApple Watchでという訳にはいかないようです。あとは、リーダーの位置。カードや携帯がかざせればそれでいいと言う感じで、腰より下の方に設置させれていたりレジなどの隙間の袋小路に設置してある(手首をリーダーに当てようとするとその先が行き止まりで手が突っ込めない)店もあったりで、Apple Watch 2で決済しようとすると逆にカッコ悪いという場面もありました。過去には空港や駅などではFelicaのリーダーが店の奥の方にあって携帯を渡したら店の中まで持っていかれる所もありましたね。

まだまだ、Apple Watch 2だけで、電子決済をまかなうのは少し無理がありそう。そんな気がしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告